松尾匡のページ

著書(2017年〜)



2016年までの著書リストはこちら


ポスト「アベノミクス」の経済学――転換期における異議申し立て
金子対論

    発売日:  2017年6月01日
    著者/編集:   金子勝, 松尾匡
    出版社:   かもがわ出版
    ページ数:  174p
    ISBNコード:  9784780309171

2016年11月に立命館大学草津キャンパスで行われた金子勝さんと私の対論イベントの記録本です。
第1部 “講演”経済学ともうひとつの日本と地域
・アベノミクスはなぜ失敗するのか、何をもたらすのか
・反緊縮時代の世界標準経済政策
第2部 “対論”経済学と日本の進路について ・松尾教授の質問と金子教授のそれへのコメント
・金子教授の質問と松尾教授のそれへのコメント
・会場からの質問に対する回答
第3部 “提言”経済学への異議申し立てから新たな創造へ
・「レフト3・0」の経済学:何が同じで、どこが違うのか
・多様性に基づく経済学の新たな創造へ

アマゾン honto Honya Club 楽天ブックス セ ブンネットショッピング




そろそろ左派は<経済>を語ろう――レフト3.0の政治経済学
そろ左派

    発売日:  2018年4月27日
    著者/編集:   ブレイディみかこ, 松尾匡, 北田暁大
    出版社:   亜紀書房
    ページ数:  315p
    ISBNコード:  978-4-7505-1544-1

在英の元保育士ライターのブレイディみかこさん、東大の社会学者の北田暁大さんとの鼎談本です。
「誰もがきちんと経済について語ることができるようにするということは、善き社会の必須条件であり、真のデモクラシーの前提条件だ」
欧州の左派がいまこの前提条件を確立するために動いているのは、経世済民という政治のベーシックに戻り、豊かだったはずの時代の分け前に預かれなかった人々と共に立つことが、トランプや極右政党台頭の時代に対する左派からのたった一つの有効なアンサーであると確信するからだ。
ならば経済のデモクラシー度が欧州国と比べても非常に低い日本には、こうした左派の「気づき」がより切実に必要なはずだ。(ブレイディみかこ/本書より)

【目次】
第1章:下部構造を忘れた左翼
第2章:「古くて新しい」お金と階級の話
補論1:来るべきレフト3.0に向けて
第3章:左と右からの反緊縮の波
第4章:万国のプロレタリアートは団結せよ!
補論2:新自由主義からケインズ、そしてマルクスへ

アマゾン honto Honya Club 楽天ブックス セ ブンネットショッピング



ホームページへもどる