松尾 匡 の ペ ー ジ

(2008年4月6日サイト移転)

   プロフィール
      1964年7月25日生まれ
      出身地:石川県
      居住地:福岡県久留米市 → 2014年度より京都市
      勤務地:滋賀県草津市
性格:粗忽者で短期的にはミスが多い。子供の頃から忘れ物ばかりしている。人の顔と名前、英単語、年号、暗証番号、パスワードなどを覚えるのが極めて苦手。市外局番から初見の電話番号を入れるとたいてい間違える。反射神経が鈍く、とっさの計算やアドリブができない。英会話ができない。日本語でも、歌の歌詞は意味を聞き取れない。たぶん短期記憶を中心に記憶を司る脳に欠陥があるのだと思う。だから複雑なことを複雑なまま考える能力が人より劣る。世間で通用している既存の単純化の図式ではこぼれおちるものを、複雑な現実として受け止めることにストレスを感じるので、もっとうまく現実を説明できる自分なりの単純化の図式を見つけ出してきりぬける能力を子供の頃から身につけてきたように思う。その意味では経済学は天職である。

※ 反安倍政権・反日本会議の政治勢力で、私の提唱する経済政策にご関心のある政治勢力には、どこにでもご説明にうかがいます。特定の政治勢力にだけ加担するつもりはありません。

※ 今、京都周辺の研究者といっしょに活動している「ひとびとの経済政策研究会」では、経済政策提言・翻訳・批評・イベントなど、どんどん研究成果を発表しています。下記リンク先を随時チェックしてください。
economicpolicy.jp


 あいかわらず怒涛の毎日で更新ができずすみません。
 昔から私に好意的なブログを書いている人が、消費税減税署名をネット上で集めておられますので、よろしければご協力してくださったら、私もうれしいです。2012年に消費税増税法案に賛成した民進党・自民党・公明党に提出するそうです。下記リンク先から、Chang.orgへのリンクに行って下さい。
児童小銃ブログ「消費税減税署名をやってます」

 衆議院選挙前に締め切るそうなので、賛同されるかたは、お早くお願いします。安倍さんが予定どおり10%引き上げをすると言って選挙に臨むのですから、ここで民進党が引き上げないと言えば、現在の圧倒的に不利な状況が、かなり好転できるはずなのですけど。
 リンク先のエントリーでブログ主さんが書かれている「当キャンペーンのこれまでとこれから」という文章を読むと、応援しなければという気持ちになります。(17年9月24日)

 次々と息をも継がせず延々仕事が入って、このサイトの更新ができないできましたが、こうしている間に、私たちが立ち上げた「ひとびとの経済政策研究会」のサイトでは、続々成果発表やイベント告知で更新が続いています。特に、民進党代表選挙に合わせて、8月13日にアップした経済政策提言レポート「普通のひとびとが豊かになる景気拡大政策――安倍自民党に野党が勝つために」は、このかんの共同研究の集大成みたいなものです。これをアップしたあと、民進党の議員全員にファックスを送って、レポートを読んでいただけるよううながしました。結局、候補者が前原さんと枝野さんの二人に決まったあとには、現物をプリントアウトしてこのお二人に郵送しています。枝野さんが多少反緊縮的なことをおっしゃるようになったのは、ちょっとはこれが影響したのかな?
 そのほか、最近ではこんなことをアップしていますので、ぜひご覧ください。
先日の英総選挙での労働党のマニフェスト付属資料の翻訳。支出増とその財源の内訳を示したものです。
山本太郎×ひとびとの経済政策研究会presents「全てのひとびとのための経済学講座」第3回開催告知。9月16日です。
水野和夫さんの議論を批判したレポート
緑の党の宮部彰さんの議論を批判したレポート
 それから、5月に行われた、ブレイディみかこさんの『子どもたちの階級闘争』(先日の新潮ドキュメント賞受賞おめでとうございます!)刊行記念の、ブレイディさんと岸政彦さんと私の鼎談イベントの様子が、ユーチューブにアップされましたので、こちらも合わせてご覧ください。(17年8月25日)

 ご好評をいただいております、自由党の山本太郎議員とひとびとの経済政策研究会とのコラボ連続講座、7月8日に行われました第2回も、スタッフを含め100名を超える参加をいただきまして、盛況のうちに終わることができました。ご来場いただいたみなさんにも、山本太郎さんにも感謝もうしあげます。
 当日のメインの講座のレジュメとお勧め文献リストをアップしましたので、ご関心のありますかたは「ひとびとの経済政策研究会」ブログの該当エントリーよりダウンロードしてください。
 太郎さんは、もう翌日には新宿東口アルタ前の「安倍ヤメロ」集会の演説で、「消費税廃止宣言」をしています。(動画 演説書き下ろし)
 「ないところからとるな! 金持ちからとれ!」
 そのとおーーーーーーぉり!!! (17年7月11日)

 5月12日に、本質的でないミスのために一時撤回した旨お知らせした、民間から購買力を吸収することなく政府支出を増加させる余地がどれだけあるかを、エクセルでざっと概算したレポートですが、このほど修正したものが完成しましたので、「ひとびとの経済政策研究会」のブログで公開しました。同研究会の朴勝俊関学教授から多大な修正・加筆などを得ています。思ったより完全雇用(2%インフレの持続と整合する雇用)に至るまでの余地が少なくなっていて、日銀の財政ファイナンスによる福祉充実を訴えられる年も残りわずかという結果になりました。野党の政策転換を急がないと間に合わなくなりそうで焦ります。(17年6月27日)

 エッセー更新。アカデミック小品更新。(17年6月22日)

 イギリス総選挙は「惜しかったなあ、よくがんばった」ですんだけど、フランス議会選挙は、マクロン派圧勝とかクソなニュースに「嘘でしょ」という感じ。フランス研究者の掘茂樹さんによれば、投票率がフランスでは異例の過半数割れだったそうで、政治不信の結果とか。日本で勘違いしたお手本にする人が出ませんように。(17年6月12日)

 下記cargoさんの和訳の後半も公表されました。それだけでなくて、本日英国総選挙投票ですが、コービンさんの街頭演説も和訳されていました。感動です!! 日本でも、こんなふうに言ったら、絶対に安倍さんに勝てるのに。「奇跡よ起これ! がんばれコービン!」とありますが、全く同感。ちなみに「俺達の太郎」の「かっこいい」演説リンクもついています。(17年6月8日)

 カナダの現代貨幣理論(MMT)の論客、ブライアン・ロマンチャックさんが書いた、政府と中央銀行の連結論(日本ではしばしば「統合政府論」と呼ばれる)についてのわかりやすい論説を見つけましたので、「ひとびとの経済政策研究会」のメンバーで翻訳して、同会のブログにアップしました
 ところで、昨日のエッセーで紹介した、ブレイディみかこさんが感涙を流したコービンさんのライブインタビュー動画ですが、cargoさんが和訳して4日づけで公表されています。(前半だけですが後半も出るそうです。)(17年6月6日)

 とり急ぎエッセー更新。(17年6月5日)





【著書等の誤植・誤記の訂正情報】

◆『これからのマルクス経済学入門』に訂正追加です。中谷武先生のご著書の出版年を誤記しました。詳しくは、こちらの正誤情報文をご覧下さい。お詫びし、訂正いたします。お知らせ下さったかたに感謝します。 (16年9/21)

◆『自由のジレンマを解く』と『これからのマルクス経済学入門』に訂正箇所があります。『自由のジレンマを解く』についてはこちらの正誤情報文、『これからのマルクス経済学入門』についてはこちらの正誤情報文をご覧下さい。つつしんでお詫びし、訂正いたします。 (16年8/15)

◆ 『不況は人災です!』に下記の訂正箇所に加えて、新たな間違いが見つかりました。153ページ図6-1は、データの集計で、弁解の余地のない初歩的で重大なミスをしたため撤回します。したがって、152ページの小見出し「庶民は利下げてトクをする」の項の冒頭、「金融緩和で低金利に…」から、154ページ5行目「…それで構わないと思う人もいるかもしれません。」までは削除して下さい。深く反省し、おわびいたします。正しくはどうなるかは、元データのサンプリングの適切さを再確認する必要を感じているので、目下他のデータソースを調査中です。進展があればお知らせします。 (16年3/23)

◆ 『この経済政策が民主主義を救う』の下記の訂正箇所は、二月発売の二刷りでは修正されています。 (16年3/16)
『この経済政策が民主主義を救う』に訂正があります。気づいてくださった大月書店の担当編集者のかたに感謝します。正誤表を挟み込んでもらっていますが、念のために正誤情報ページに載せるとともに、解説を2016年1月13日のエッセーに掲載していますのでご参照下さい。不注意をおわびいたします。 (16年1/13)

『ケインズの逆襲、ハイエクの慧眼』に重大なミスがありました!
 大学院弊ゼミ修了生の熊澤大輔氏の指摘により発覚しました。240ページ、第8章図8-1の「社会保障支出対GDP比」は、うっかり対障がい者の支出だけを含むデータで作成しましたので撤回します。したがって、グラフの前ページ239ページの後ろから8行目から、
「次ページの図(図8-1)は、社会保障支出の対GDP比のグラフですが、社民党が政権にあった1994年から2006年の間、減っているわけではなくて、他の国よりも高い割合を維持しています。」
も、合わせて撤回します。社会保障支出全体のGDP比で見ると、この時期、スウェーデンが福祉にかける財政規模は他の欧州所得と比べて特に大きいということはなく、傾向的に特に増やしたりもしていないということでした。ただし、スウェーデンが依然「大きな政府」であるとの記述には違いはないです。
 これとともに、ウェブ雑誌シノドスさんの当該記事や、『立命館経済学』の論文も訂正いたします。
 シノドスさんの記事は、連載第8回「新スウェーデンモデルに見る協同組合と政府──「転換X」にのっとる政策その3」の1ページ目図表1およびその上の文「図表1は…維持しています。」を撤回します。『立命館経済学』の論文は、第63巻第2号の小田巻友子との共著「スウェーデン社会民主党政権(1994―2006)の金融政策」18ページの図表5および「図表5からは,社会保障支出のGDP比がこの数年減少していることも見て取れる。」との文を撤回します。
 そもそも数値が小さいことからすぐに気がつくべきことでした。大変お恥ずかしいかぎりです。深くお詫びもうしあげます。(15年7/14)

◆ 下記の件、正誤情報ページに載せました。 (12年8/8)
『新しい左翼入門』に訂正があります。p.196に、「内田義彦は、丸山眞男や大塚久雄よりやや若い世代」と書きましたが、内田は丸山より一歳年上でした。どこでそんな思い込みが生まれたのか、大変お恥ずかしいミスです。つつしんで訂正し、お詫びもうしあげます。ご指摘下さった読者のかたに深く感謝いたします。(12年7/30)

◆ 『[図解雑学]マルクス経済学』第2刷にも訂正が見つかりました。こちらの正誤情報文をご覧下さい。(15年10/16)
『[図解雑学]マルクス経済学』に訂正があります。くわしくはこちらのエッセーをご覧下さい。(10年10/10)
訂正の追加。こちらのエッセーをご覧下さい。(10年10/22)
また訂正の追加。こちらの正誤情報文にまとめてありますのでご覧下さい。(12年2/28)

◆ 『不況は人災です!』に訂正があります。詳しくはこちらこちらこちらをご覧下さい。
  p.210の註10の小野善康さんのご主張は本人により撤回されています。詳しくは8月20日付けエッセー参照。

◆ 『痛快明解経済学史』にまたまた訂正箇所が見つかりました。「オーストリア」が「オートストリア」になっている箇所がありました。くわしくはこちらの正誤情報文をご覧下さい。お知らせくださったかたに感謝します。 (16年9/21)
『痛快明解経済学史』にまた訂正箇所が見つかりました。「限界地」が「限界値」になっている箇所がありました。くわしくはこちらの正誤情報文をご覧下さい。つつしんで訂正し、お詫びもうしあげます。(15年2/2)
下記、初刷のケインズのプロフィールについての間違いは、第2刷で訂正しました。しかし、フリードマンのプロフィールに誤りがありました。くわしくはこちらの正誤情報文をご覧下さい。つつしんで訂正し、お詫びもうしあげます。(14年4/14)
『痛快明解経済学史』に訂正があります。くわしくはこちらのエッセーをご覧下さい。

◆ 『「はだかの王様」の経済学』に訂正箇所が見つかりました。「天動説」が「地動説」になっている箇所がありました。くわしくはこちらの正誤情報文をご覧下さい。お知らせ下さったかたに感謝します。(15年10/16)



 

目 次

 
 用語解説(関連サイト内リンク・勝手にリンク) 03年12/4 開始
  このサイトで使われる一般になじみの薄い概念や誤解を受けやすい用語を解説しています。
  原則あいうえお順に少しずつ増やしていく予定です。

  アソシエーション論  右翼と左翼08年4/6 置塩信雄 北朝鮮問題 ケインズの経済理論
  選挙制度・議会制度  疎外論 ソ連=国家資本主義論
  マルクスの基本定理 追記「一般的商品搾取定理について」修正08年7/24,修正09年7/1。 「マルクスの基本定理の数式を使わない証明」16年10/23。
 
 

お手紙は
matsuo-tアットマークec.ritsumei.ac.jp